事業者ローンで経営運転資金借入/即日融資・至急ならノンバンク

銀行・信用金庫&ノンバンク融資

*

金利の低いノンバンク・利率の低いノンバンク

   

金利の低いノンバンク

みなさんは銀行がノンバンクよりも、金利が低い理由を知っていますか?
必ずとは言えませんが、一般的にノンバンクから融資を受けるよりも、銀行から融資を受けた方が金利が低いです。
なぜ、銀行の方が金利が低いかというと、銀行には預金者がいるからです。
多くの方は、自宅にお金を保管するのが不安なので、銀行に預けているはずです。
また、給料も手渡しでは無く、銀行に振り込まれることがほとんどですし、個人だけではなく、企業も銀行にお金を預けています。
しかも、現在は私たちに支払う金利が非常に低いので、銀行は常に多額の資金を確保している状態だと思ってください。
だからこそ、融資をする時に低い金利でお金を貸すことができるのです。
しかし、一方ノンバンクは預金者がいないので、他の金融機関から資金を調達しなければならず、どうしても銀行よりも資金を調達するのにコストがかかってしまいます。
そのため、銀行よりも金利が高くなってしまうという訳です。
ただし、ノンバンクには金利が高い反面、すぐに融資を受けることができるというメリットがあります。
銀行の場合は、金利が低いため、審査が厳しく、融資を行なうのに慎重です。
一方、ノンバンクはお金を融資しないと経営が成り立たないので、積極的に融資を行ないます。
そのため、ノンバンクは、すぐにでもお金が必要という時には、非常に都合が良い存在です。
ただ、金利が高く設定されているので、慎重に融資を受けるようにしてください。

利率の低いノンバンク

以前に比べてノンバンクの利率が低い傾向があるので、使い方によっては、ノンバンクは非常に強い味方です。
また、一般的にノンバンクは、その日に融資をしてくれるので、急に資金が必要になった場合にとても有効です。
しかし、利率が銀行よりも高いため、使い方を誤ると返済に苦しむことになります。
そのため、ノンバンクを利用する時は、最低限の金額で抑えることが大切です。
そうすることにより、ノンバンクからの融資のリスクを減らすことができるので、覚えておきましょう。

そして、ノンバンクは、その会社によって様々な特長があるので、その点を理解することも重要です。
例えば、利率が低い特長を持っているところもあれば、融資限度額が高いという特長を持っているところもあります。
また、審査の早さを売りをしているところもあれば、一定期間は利息ゼロを謳っているところもありますし、
担保や保証人不要というところもあります。
このようにその会社によって、特長が異なるので、ノンバンクを利用する時は、
どの会社が自分に合っているのかを考えてください。

もし、多額の資金が必要な場合は、融資限度額が高く、利率が低いところが良いでしょう。
また、すぐに資金が必要な場合は、審査の早さを売りをしているところが良いでしょう。
ただ、どちらにしろ、利率は銀行よりも高いので、返済は通常よりも難しいです。
このことをしっかり理解した上で、ノンバンクを利用するようにしてください。

 - ノンバンク融資でローン借入・資金繰り