事業者ローンで経営運転資金借入/即日融資・至急ならノンバンク

銀行・信用金庫&ノンバンク融資

*

業歴が短い・赤字決算の場合は銀行融資のハードルが非常に高い

   

企業の運転資金の調達のために、比較的大きな資金を必要とする場合、銀行や公的融資を利用しないと足らないとお考えだと思います。確かに以前は事業者ローンなどは、貸付の限度額が低く、事業の運転資金として不足に感じられていたと言えます。

しかし、最近の傾向として、民間の事業者ローンの貸付限度額は高くなっている傾向があります。事業者ローンを扱う民間の金融機関によって限度額は変わっては来ますが、必要な資金によって選びますと、十分な運転資金の調達源になり得るでしょう。

また公的融資や銀行融資で大きな資金を調達しようと思っても、どちらも審査の基準は民間の事業者ローンと比べますと、かなりハードルは高くなっています。保証人や担保資産を設定することは、事情によって出来ない企業もあるかと思います。その場合融資を受けたくても出来ないことになってしまいます。審査書類も多く求められますし、せっかく審査のために書類を揃えたところで、基準を満たしていない場合にはその苦労も全て無駄になってしまいます。

保証人や担保の設定、多く求められる審査の書類が現実的に難しいけど、まとまった資金が必要になる企業にとって、審査の負担が比較的少なく、また審査基準も比較的厳しくないといえる民間の事業者ローンの融資金額が高くなってきた現状はかなり良い傾向と言えないでしょうか?

小規模な企業や個人事業主にとって、事業者ローンは大きめの運転資金調達にかなり貢献してくれるでしょう。

 - ノンバンク融資でローン借入・資金繰り