銀行の事業融資 運転資金借入の審査

豊和銀行で運転資金借入⇒事業ローンで資金繰り融資 金利と審査

豊和銀行の融資借入プランを選んで運転資金の資金繰り

スーパービジネスローンⅡ

豊和銀行のメイン融資プランは「スーパービジネスローンⅡ」です。資金用途は運転資金、設備資金といった事業資金となります(新規事業資金はNG)。

借入タイプは証書貸付で、借りられる金額は100万円~3,000万円です。取引期間は3ヶ月~7年で、金利は銀行所定のものが審査で決定します。

返済方式は毎月元金均等分割返済で、返済日は毎月15日です。担保は不要で、個人事業主であれば保証人も不要、法人であれば代表者1名が保証人になります。

スーパービジネスローンⅡの申し込み条件についてですが、たとえば銀行の営業範囲で事業を続け、2期以上の決算を終えた法人・個人事業主であることという条件があります。

それから決算書・所得税申告書2期分を提出できること、スコアリング審査を通過すること、申込者が75歳を超えていないこと(超えている場合は後継者が必要)、この銀行の別の融資で滞納していないこと、租税を滞納していないこと、反社会的勢力でないこと、第3者の斡旋でないこと、認可が必要な事業であればその認可を受けていること、過去に金融事故を起こしていないことといった条件もあります。

 

ほうわビタミンローン

「スーパービジネスローンⅡ」以外で資金繰りをするなら「ほうわビタミンローン」のプランも選択肢に入ります。

スーパービジネスローンⅡと同じく、運転・設備資金の用途に使えます(債務返済はNG)。

貸付タイプは手形貸付、証書貸付です。借りられる金額は6,000万円以内となっていますが、運転資金の場合は月商の2ヶ月分内の金額になります。

それから借りる金額の半分に対して大分県信用保証協会保証がつきます。

取引期間は10年以内、金利は銀行所定のもの、返済方式は手形貸付であれば期日一括返済、証書貸付であれば元金均等返済です。担保は原則不要なものの、審査次第で必要になることもあります。保証人は法人に限り代表者1名を用意します。

申し込み条件はスーパービジネスローンⅡとほとんど同じです。

 

ビジネスあんしんサポートローン(団信付)

他にも「ビジネスあんしんサポートローン(団信付)」というプランがあります。

資金用途は長期運転資金と設備資金です。取引タイプは証書貸付で、借りられる金額は200万円~1億円、取引期間は1年~25年です。

金利は2.425%で、返済方式は毎月元利均等分割返済、毎月元金均等分割返済です。担保は審査次第ですが、原則必要です。保証人は原則不要です。

ビジネスあんしんサポートローン(団信付)の申し込み条件にはたとえば銀行の営業範囲で事業を行う法人・個人事業主であること、法人であれば従業員が20人以下であることといったものがあげられます。

 

このページの金利や限度額は記事執筆時(2018.05~06前後)の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

 

[事業資金の資金繰り方法一覧]

 

-銀行の事業融資 運転資金借入の審査

Copyright© 中小企業経営の事業資金借入と日本政策金融公庫の融資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.