銀行の事業融資 運転資金借入の審査

熊本銀行で運転資金借入⇒事業ローンで資金繰り融資 金利と審査

熊本銀行の事業者向け融資借入で運転資金の資金繰りをする

ベストリリーフ

熊本銀行の資金調達メインプランは「ベストリリーフ」です。このプランを申し込めるのは2年以上の事業を営んでいる法人・個人事業主となります。

ただし、金融業、保険業、不動産業、飲食業、風俗業、娯楽業などの業種はNGです。また条件として、2期分の決算書を提出する必要があります。

融資の用途はさまざまな事業資金です。借入可能金額は100万円~2,000万円ですが、月商の2倍以内という制限があります。

またこの銀行と初めて取引してから6ヶ月以内の場合は金額に上限が設けられます。取引期間は6ヶ月~5年です。金利は2.4%~11.0%で、審査で適用される数字が決まります。

貸付タイプは証書貸付で、事務取扱手数料は不要です。担保も原則不要ですが、この銀行との取引ですでに担保を設定している場合はそれを使うことになります。

保証人は法人であれば代表者が、個人事業主であれば事業承継者もしくは法定相続人がなります。返済方式は元金均等返済と元利均等返済の2つです。

 

FFG中小企業サポートローン(TKC戦略経営者ローン)

TKC会員と関わりのある法人であれば「FFG中小企業サポートローン(TKC戦略経営者ローン)」のプランを資金繰りに利用することができます。

TKC会員と顧問契約していること以外にも、銀行の営業範囲内に本店を置いていること、1年以上事業を継続していて1期分の決算書がTKC情報センターにあること、記帳適時性証明書があること、TKCの財務会計ソフトがあること、直近の決算で債務超過がないこと、直近でマイナスの経常利益が連続していないことといった条件があります。

資金用途は運転資金で、借りられる金額は100万円~3,000万円(単位は10万円)です。

取引期間は1ヶ月~5年で、担保は不要、保証人は代表者がなります(代表者が複数いる場合は全員)。金利は1.975%~ 5.150%で、優遇条件に当てはまる場合は引き下げられます。

 

熊本県信用保証協会の貸付プラン

熊本銀?では「熊本県信用保証協会」の貸付プランも取り扱っています。

このプランを利用できるのは住居・本店・事業所を熊本県に置いている法人・個人事業主です。企業規模の制限があり、たとえば製造業であれば資本金が3億円以下か、従業員が300人以下でなければなりません。

それから業種にも制限があります。中小企業信用保険法施行令に従い、金融業、保険業、農業、林業、漁業などの業種は利用することができません。

また認可を受ける必要がある業種の場合はその認可を受けている必要があります。

資金用途はさまざまな事業資金で、事業に対して直接使われる用途であればOKです(生活、住宅、投機資金などはNG)。

 

このページの金利や限度額は記事執筆時(2018.05~06前後)の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

 

[事業資金の資金繰り方法一覧]

 

-銀行の事業融資 運転資金借入の審査

Copyright© 中小企業経営の事業資金借入と日本政策金融公庫の融資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.