経営合理化と法人保険!社長経営者のための保険と資金繰り考

中小企業と経営合理化

「 fivenineの記事 」 一覧

no image

円高から円安政策への転換

一ドル70円台にまで跳ね上がっていた円の価値が自民党の政策によって80円を超える水準までに持ち直してきました。円高には円高の魅力があり、海外の製品を多く仕入れる事ができ国内に新たな風を呼び込むことがで ...

no image

内需を増やす金融政策

日本経済が悪化する要因の一つには海外製品の高い需要があります。大手メーカーになると、製品を作るには国内で生産するより、海外に工場を建て社員を雇用して生産ラインを確保した方が安く、そして早くできるという ...

no image

中小企業金融円滑化法での効果

民主党の時代に施工された中種企業金融円滑化法ですが、大きな効果もなくただただ期限が延長され、今回の政権交代によって更なる延長を行う事がなく、期限を切り政策を打ち切るといった事になります。この判断が行わ ...

no image

中小・零細企業は今頃

民主党政権の時代に定められた中小企業金融円滑化法ですが、現在自民党政権に交代した事で3月に期限を迎え終了する事が発表されています。よく耳にするのが、中小企業金融円滑化法により効果があったのか、無かった ...

no image

延命により景気を回復できた企業

中小企業金融円滑化法によって国の政策目的の通りに成果を出し、本来の目的を達成できた企業もあります。政策の要であったのは銀行の対応です。中小企業が申し出を行い返済に対する猶予を希望してきた場合に銀行はで ...

no image

延命だけで業績の回復につながらなかった企業

中小企業金融円滑化法が3月に度重なる延長期間を終えて満期となります。国内の景気回復対策としてもっとも効果を発揮している法律であったならば更なる延長を行っていたのかもしれませんが、残念なことに結果として ...

no image

本来すべき政府の対策

本当に政府がすべき対策はいったいどういったものなのでしょか。中小企業が倒産しないように銀行と連携して何とか景気回復を図っていくこも大切な対策であったと考えられます。また今回自民党が実行している金融緩和 ...

no image

中小企業の国内でのあり方

今後中小企業が国内で生き残っていく為には各企業が生き残るための策を明確にし、新たな事業への取り組み、生産を確立させていくことが大切になってきます。大手メーカーの生産ラインが海外に流れたことでこれまでと ...

no image

住宅ローンの申請と実行

中小企業金融円滑化法によって救われた企業は1割に満たないと言われています。これはこの法律の対象となる企業や住宅ローン対象者が非常に多く、それらすべてに対して手が回っていなかった事が浮き彫りになりました ...

Copyright© 中小企業と経営合理化 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.