中小企業と経営合理化と事業資金融資借入資金繰り!社長経営者のための保険と資金繰り考

中小企業と経営合理化と事業資金融資借入資金繰り

事業資金の融資200万円の例:ネットショップ/アロマテラピーサロン

200万円 ネットショップ運営資金

ネットショッピングサイトを運営するために、ノンバンクから事業資金を融資してもらった経験があります。
そのお金の半分ほどは、お店のホームページ作成費用になりました。
ネットに関しては全くの無知だったので、そんな私がホームページを作れるはずがありません。
そこで、ホームページ作成会社に相談してみると約100万円ほどかかるといわれたので、それでノンバンクからお金を借りることにしたのです。
ちなみに残りの100万円は、これからの運転資金に回しました。
そして、その借金の返済が今月で完了しました。
もっと辛いかなと思っていましたが、それほど辛くはなかった印象です。
これが1年での返済であれば辛かったと思いますが、5年かけてじっくり返済できたので、助かりました。
今でも、融資してくれたノンバンク会社には感謝しています。
一番始めは、銀行に融資を求めたのですが、なかなか融資を受けることができず、それから親に頼みました。
しかし、親もお金を貸してくれなかったので、最終手段としてノンバンクを利用したという流れです。
でも、結果的には利用して良かったと思っています。
多少、銀行よりは金利が高いというデメリットはありますが、審査がそれほど厳しくなかったので、私のような人でも事業を始めることができました。
いつか会社を経営をしてみたいと思っていたので、今は非常に充実しています。
これから起業しようと思っている方は、ノンバンクも事業資金の貴重な確保先なので、場合によっては頼っても良いと思いますよ。

[日本政策金融公庫]

200万円 アロマテラピーサロンの開業資金

私は元々アロマセラピーが趣味でした。
始めはリラックスしたいという目的で香りを楽しんでいただけでしたが、たまたま入ったアロマサロンでマッサージを受けてとても気持ちが良かったことに感動し、
自分自身もアロマセラピストになりたいと考えるようになりました。
そこでアロマセラピストの民間資格を取得し、念願だったアロマサロンを開業することにしたのです。

自宅の一部を改装してアロマサロンを開くことにしたので、事業資金としては改装費用や施術備品、資材などもろもろを含めて400万円ほど必要でした。
独身時代に貯めていた貯金が200万円残っていたのですが、あとの200万円がどうしても用意できません。
そこで銀行に融資を申込したところ、残念なことにお断りされてしまいました。
その理由は教えてもらえなかったのですが、個人的に信用されていないのかととてもがっかりしてしまいました。

ここで諦めなければいけないのかと困っていたところ、ローン会社はどうだろうと友人に紹介されたのです。
正直、金利も高めでしたし利用するのはちょっと抵抗がありました。
しかしローン会社の金利で計算してみたところ、返済額に無理もなくこれなら大丈夫と確信が持てたので、思い切って融資を申し込んでみました。
するとすぐに融資をしてもらえると返事が来たので大喜びでした。
お陰様で、アロマサロンの事業も軌道に乗ってきて、夢だったアロマセラピストとして毎日の生活が充実しています。
あの時銀行しか融資をしてもらえないものだと思い込んで諦めてしまわないで本当に良かったと思っています。

[事業資金融資即日至急]

投稿日:

Copyright© 中小企業と経営合理化と事業資金融資借入資金繰り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.