中小企業と経営合理化と事業資金融資借入資金繰り!社長経営者のための保険と資金繰り考

中小企業と経営合理化と事業資金融資借入資金繰り

事業資金の融資100万円の例:英会話教室/保育ママ・ベビーシッター

100万円 英会話教室の開業資金

私は、子ども向けの英会話教室を開くために事業資金として、ノンバンク会社から100万円の融資を受けた経験があります。
もう、3年ほど前の話なので、既に完済しています。
普通は、こういった資金を銀行で借りるのがスタンダードだと思います。
しかし、私の場合、すぐにでもこの仕事を始めたいと思ったのと、銀行だと貸してくれない可能性が高いと言われたため、ノンバンク会社から借りました。
最初はノンバンク会社から融資を受けるのは非常に怖かったです。
なんせ今までプライベートでも借りたことがありませんでしたし。
ただ、実際に利用したことが友人から、きちんと計画して借りれば大丈夫だと言われ、思い切って借りたのです。
そして、その判断は正しくて、すぐに事業も軌道に乗り、きちんとお金を返済することができました。
100万円を利子15パーセントで借りたので、年間15万円の支払いとなります。
私の場合は、2年で返済したので、利息は30万円くらいでした。
月の返済額は、だいたい54000円ほどでした。
もともと家を多少リフォームして、そこを教室にしただけなので、それほど経費が多い訳ではなく、月に54000円の返済はそれほど苦しくなかったです。
おかげで、今は業績も伸びていて、たくさんの子供たちが通っています。
今度、新しく一店舗くらい作ろうと思っているので、その時にまたノンバンク会社から融資を受ける予定です。
ノンバンク会社を実際に使ってみると分かると思いますが、きちんと計画してお金を借りれば、全く怖くはありません。

[日本政策金融公庫]

100万円 保育ママ・ベビーシッターのための改装資金

不況のため主人のお給料やボーナスがカットされたことで生活が苦しくなり始めたことから、妻である私も何か仕事をしなければいけない状況になりました。
しかし、なかなか就職先が見つからなかったことからどうしようかと困っていたのですが、私の住んでいる市で「保育ママ制度」があることを知りました。
保育ママというのは、保育所に入所することができないお子さんを自宅で預かるといういわゆるベビーシッターの仕事です。
保育士の資格を持っていることを生かせるので私にぴったりの仕事だと考え、事業を始めてみることにしました。

市の保育ママ選考に見事合格したことで、事業を開始できることになったもののやはり必要なのは事業資金です。
自宅を少し改装するために必要な資金があと100万円ほど足りませんでした。
最初は銀行に融資を申込むつもりでしたが、審査が厳しいということを聞いていたのでとにかく早く資金を融通して欲しかったことからノンバンクを利用することにしました。
正直、ノンバンクを利用することには抵抗がなかったわけではありません。
金利が高いということや本当に返済していけるのかということなどの不安もありました。
しかし審査が緩いということと融資実行までのスピード感は思っていた通りでした。
銀行と比べると確かに金利は高めですが、利用しやすいというメリットは非常に大きいと感じました。
しっかりと返済計画を立てていたので、支払に無理を感じていません。

おかげさまで保育ママの事業も軌道に乗り、かわいいお子さん達と楽しく毎日を過ごしています。

[事業資金融資即日至急]

投稿日:

Copyright© 中小企業と経営合理化と事業資金融資借入資金繰り , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.