事業者ローンで経営運転資金借入/即日融資・至急ならノンバンク

銀行・信用金庫&ノンバンク融資

*

事業者ローンで経営運転資金借入/銀行・信用金庫&ノンバンク融資

比較的簡単な手続きで融資してもらえる民間の事業者ローン

事業者ローンにも銀行系のものもあり、消費者金融など民間系のものがあります。通常のキャッシングと同様、銀行系は利率が低く審査が厳しい、民間系は利率は高いが審査が簡便といった特徴を持ちます。

審査は決算書などの堤出義務のある書類がありますが、銀行系と民間系では大きく差があります。そのため、申し込みの手続きの負担も民間系は比較するとかなり簡単な手続きで融資を受けられる事になっています。

事業者ローンの申し込みはインターネットからの申し込みは早くから導入されており、その手続きはかなり滑らかに行うことが出来ます。特にスピードや簡単さを手続きに求める場合には、インターネットからの申し込みを選ばれたほうが良いです。

事業者ローンのウェブサイトにアクセスし、仮申し込みを行います。必要事項を入力してよく確認をし送信します。送信内容を事業者ローンの会社が仮審査を行い、本申し込みの様式が送られてきます。

必要書類と本人確認のための証明書と事業内容や経営状況などについて証明する、決算書など、提出を求められた書類を一緒に郵送します。

その送付した書類一式が審査され、融資可能と判断されたら、ローン会社より契約書が送付され、その契約書に署名・押印をし返送します。

契約書の内容に従って、融資が実行されます。もちろんこれらの申し込み~契約~融資実行の流れは各社で違いが有ります。一般的に民間系の事業者ローンは手続きの負担が軽いですが、各社によって差がありますので、条件と合わせ確認した上で選択して下さい。

業歴が短くても融資可能な事業者ローンを活用しよう

中小企業では、事業資金の調達には株式や社債などの資金調達は難しいため、自己資金よりも借入に頼らざるを得ないのが普通です。それだけに資金調達における借入は中小企業にとって大きな課題となります。

しかし、銀行融資は基本的に業績が良く、財政状態も安定しているような規模の大きな企業を融資先として選択しがちです。そのため中小企業が銀行から融資を受けるのは、かなり難しいのが現状で、特に経営成績が良好でなく、財政状態も安定していない中小企業にとっては難関であると言えます。

公的融資は中小企業向けの融資を行っていますが、銀行融資ほどでは無いにせよ、難易度が高く簡単とは言えません。事業開始から間もない企業にも融資の対象とはしているものの、担保や保証人を求められる場合が多いです。

担保はあるていど資産特に不動産を用意していない場合には設定が困難で、保証人を用意することだって全く簡単なことではありません。やはり事業開始間もない事業者の資金調達は簡単では無いのが現状です。

事業者ローンでも業歴が短い企業には審査のハードルは上がってしまいます。ただ、サービスによって、

業歴が短い企業にも融資の窓口を開いているサービスがありますので、そういったものを利用すべきです。民間系の事業者ローンはその後も利用したいときに必要な資金の融資を申し込みしても柔軟に対応してくれるので、中小企業の変化の激しい状況にも利用しやすいサービスになっています。

事業者ローンの金利と返済方法

事業者ローンを利用しようかと思うなら、まず金利がどれくらいなのかが一番気になるのでは無いでしょうか?事業者ローンの金利は色々な条件で変わってくるもので一概には言えないのが現状です。経営状況や決算書の内容など融資対象者の現状によってその利率は大きく変わってくるのです。

事業者ローンの利率の決定の際には、特に算書の内容が大きく変わるポイントになります。決算書の内容が良ければそれだけ期日における返済が守られ融資金の回収の可能性が高くなり、その企業の信用度が増すことになるのです。それだけに有利な条件で借りるためには業績が良い事が重要なのです。

また返済方法はどうなっているでしょうか?事業者ローンの返済方法はローン全般に共通の方法と変わりません。

元金均等返済・元利均等返済・アドオン返済・リボルビング払いなどありますが、それぞれメリットもデメリットもあるため、何を重視するかで選択すると良いです。

元金均等返済は借入元金を返済回数で割り、借入残額に対する利息を算出します。当初の返済金額が多く、徐々に利息分だけ減っていく返済方式です。

元利均等返済は毎月の支払額を一定金額で返済していきます。当初は返済額のうち、利息の支払いが多くなります。

アドオン返済は、元金に利率をかけた総額に対して、返済回数で除して毎月一定金額に定めて返済していきます。最初の金額に利息を計算する分、利息負担が大きいことになります。

リボルビング払いは、借入金額や返済回数などにかんけ無く、毎月の返済金額を一定にして返済していきます。

自社の状況に合わせて選択して下さい。

つなぎの融資なら銀行より事業者ローンの方が良い理由

ある融資が実行されるまで、別の融資によって一時的に融資を受ける場合がありますが、これをつなぎ融資といいます。一時的に借りるだけなので、それほど手間をかけるのは得策ではありません。

利息の計算では、元金に利率と借入期間を乗ずることで算出されるので、借入期間が一時的で済む場合には、利率の差は大きな差になりません。そのような一時的な借入に対して利率を重視して大きな審査の手間のかかる融資を受けることは割に合いません。

特に銀行の融資は審査がかなり厳しく、審査で堤出しなくてはいけない書類は、決算書・商業登記簿謄本、印鑑証明・試算表など多くを求められる上、その審査の手間やかかる期間は長く、大きな人的資源や時間的コストを必要とします。長期的な資金調達であれば、そのような負担を強いられてでも、審査を通す意味は、支払う利息の総額を考えるならば確かに有効でしょう。

つなぎ融資のような一時的な融資には銀行融資よりも、民間系の事業者ローンが最適といえると思います。

民間の事業者ローンは審査の堤出書類は多くを必要としませんし、審査の期間もかなり短いので、その負担はかなり軽いものです。確かに多少利率の高さが気になるかもしれませんが、一時的な融資であるため、その影響は微々たるものと言ってよいでしょう。

ビジネスには費用対効果を考えることは色々な場面において重要なことですが、それは融資の際にも同じことが言えます。つなぎ融資のような場面では、民間の事業者ローンが費用対効果によってやはり最適と思えませんか?

いつでも事業資金を借りれる状態にしておく

資金繰りはあらゆる企業にとってとても重要な業務です。とくに約束手形によって掛け金の決済を行っている場合には、不渡りを出す危険があります。不渡りを2度繰り返すと事実上の倒産となりますので、それだけ資金繰りの重要性は伝わります。

資金繰りは取引先とのやりとりで変わったり、あっては行けないことですが、計算ミスなどなど、決済日付近での変動はあり得るものです。そのため、ぎりぎりでの資金調達が必要になる事も考えておく必要があり、それに対しての備えも万全である事に越したことはありません。

もし融資の選択肢が銀行だけ…という状態ですと、急な場合での対応は非常に難しいものとなります。銀行の融資は審査に必要な書類も多く、審査は時間がかかる上、通過しないかった…という危険性も多いにあります。そのため、そのような火急の自体には対応しにくいのです。

やはり、そのような状況を想定しておくのは企業としてとても重要なことで、柔軟な融資の要求に答えてくれる存在があると、決済日前後の安心感は大きく変わってきます。

そのための備えとして、やはり事業者ローンがとてもマッチします。即日審査のサービスが有るなど、審査のスピードが早く、審査に必要な書類も多くないため、急な状況変化でも対応できるのが事業者ローンです。その事業者ローンでいつでも融資を行えるような状況があると、とても便利です。

備えあれば憂いなし、ということで、急な資金調達に対応できる状況を常に確保しておきましょう。

借入枠の範囲内ならいつでも自由に融資を受けれる事業者ローン

事業者ローンは中小企業の融資において、とても利用者を増やしています。その理由は審査が早く、負担も軽く柔軟に利用できるため、利用価値が高いのです。

もちろん、事業者ローンだけでは利率が高くて不安というのなら、公的融資・銀行融資などで資金調達をしておくのも資金面で安心です。ただ、この両者は審査で時間がかかり、追加で資金が必要になった場合になど、急な要求にはなかなか対応してくれないのが現状です。急な資金調達には利用しづらいのが大きなデメリットになっているのです。

特に銀行系の場合には、融資資金の使い道は審査の際に申告する必要があるため、前もって多めに借入をしておくというのが出来ないものと言っても良い状況です。

それに対し、民間の事業者ローンでは、設定してある借入枠の範囲の中ではいつでも自由に融資を受けられるといったメリットがあります。つまり、必要な分だけ借りておいて、不足した時にその都度借りるといった柔軟な使い方もできるので、不要な利息を支払うといった事も避けられるので、あまり無駄のない融資も可能になります。

銀行融資だけ、民間の事業者ローンだけ、その二者択一が決まっているわけでもないので、要所要所、適材適所で使っていけば、より損の無い資金繰りも可能となります。長期のものは銀行系・短期の柔軟な融資に民間の事業者ローンなどという使い方だって考えられます。

事業者ローンを使うことのよって、状況に応じて最適な選択をすることが可能になるでしょう。

銀行・公的融資の事業者ローンのデメリットとは?

銀行・公的融資の事業者ローンの融資は利率が低く設定されているため、借入から完済までゆっくりと返済していくにはとてもメリットが大きいです。ただ、やはり銀行・公的融資だけに、審査には書類を多く必要とし、特に銀行系では担保の設定や保証人の設定などを求められるため、手間の面で大きな負担をかんじるかも知れません。

また、銀行系での融資はなんのために借りるのか、その使途が明確になってる必要があるため、多めの融資というのは難しい状況です。そして、多めの融資が難しいのに、追加融資もまた難しいという大きなデメリットを持っています。一般に縛りが多く、柔軟性が乏しいのが大きなデメリットになっています。

公的融資は、創業間もない場合には、無保証無担保貸付OKといったものでも担保や保証人を求められる場合もあります。銀行融資の難しい中小企業にとって公的融資が頼り…と思っても、その審査はなかなかに難易度が高いものがあります。

中小企業ではやはり人的・時間的コストが限られているので、審査におおきな時間と労力を割くのは得策でない状況といえます。金額や返済期間、利率など総合的に分析して融資サービスを選ぶ判断力が求められます。

特に変化の激しい中小企業を取り巻く環境に合わせて俊敏な対応を迫られる際に、素早く融資を受ける必要がある場合は往々にして有り得ます。そういった状況に対応する場合において、銀行系・公的融資はデメリットが大きいです。このような場合には民間系の事業者ローンが素早く柔軟に対応してくれるため、メリットが大きく目立つでしょう。

 

ノンバンクの審査(安い利率)

ノンバンク系で融資を受ける際のメリットと言えば、【審査の手軽さ】が挙げられます。事業融資を受ける必要性を感じる時というのは、取引先への支払い期限が迫っているなど、日数に余裕がないという状況も多々あります。

ノンバンク系で融資を受ける場合、公的融資や銀行系の融資と比べると手続きや審査が非常に手軽に済みます。保証人不要・担保不要・必要書類も最低限ですので、数多くの書類を用意する手間も省けますし、審査も比較的緩く、素早く完了します。一般的に即日~2、3日で審査が完了することが多いので、『どうしても今週中に資金が必要!』という差し迫った状況の場合、非常に役に立ちます。

しかし、注意しなくてはならないのが『利率』です。ノンバンク融資は、公的融資や銀行系の融資と比べると利率が高くなりがちです。○日までしのげれば、あとは確実に返済できる。といった見通しを立てた上で融資を受けるのが理想です。最近ではノンバンク系のビジネスローンの中にも利率を安く設定しているものや、一週間以内や一か月以内の返済で利息0、といったサービスを展開しているノンバンクもあります。融資をする側としても競争の激しい業界ですので、しっかりと情報収集を行い、より利率の安い業者を選択すると良いでしょう。必要書類も少なく・審査が素早いのがノンバンク系ビジネスローンです。安い利率のノンバンクを選び上手に活用すれば、経営の便利な味方となってくれるでしょう。

ノンバンク借入のデメリット解消方法(安い利子)

事業融資は、『公的融資』『銀行での融資』『ノンバンク』と大まかに分けることが出来ますが、ノンバンクで借入する場合はデメリットをしっかりと把握しておく必要があります。ノンバンク借入のデメリットと言えば、やはり『利子の高さ』『返済期間の短さ』でしょう。

この『利子の高さ』や『返済期間の短さ』は、場合によっては会社のキャッシュフローをさらに悪化させる原因ともなりえるものです。出来る限り『利子を安く』抑えたいというのが、借入側の共通の思いでしょう。利子が安いという面で比べてしまえば、公的融資が最善の借入先と言えますが、資金繰りに困っているときに、様々な書類を用意・複雑な手続きをし、長い審査期間を待つ。ということは中々出来ないものです。

となれば、出来るだけ利子の低いノンバンク業者を探す、という解決方法も見えてきます。ノンバンクと一口に言っても、提供するサービスは様々です。中には銀行系の事業融資とそれほど変わらない利子で借入できる業者もあります。利子の安い業者を探すには、なんといっても情報収集が肝心です。時間がないからといって、目についたノンバンクに即申し込むということは避けましょう。もちろん、経営状態を良好にするために借りるのですから、借り入れ後にどのように資金を運用していくか・確実に返済しながら経営を順調に進めるにはどうしたら良いかを考え、しっかりと運用計画するのが一番重要なことです。利子の安いノンバンクを探し、上手に活用していきましょう。

有効活用!ノンバンク~開業資金編~(安い利息)

開業や独立の際には、必ずと言っていいほどまとまった資金が必要になります。とはいったものの、銀行で開業資金を調達するのは非常に難しいでしょう。銀行での資金調達は、ノンバンクでの融資と比べると『低利率』で借りられる一方、審査をクリアするために様々な準備が必要です。ノンバンクの場合は利率が若干高い傾向にありますが、審査をクリアし、融資を受けることが比較的容易であるといえるでしょう。

ノンバンクというと一般にあまり聞き慣れていない言葉ですから、具体的にどのような機関・サービスなのかわからないという方は少なくないかもしれません。そもそもノンバンクとは、融資のサービスを扱っているものの、銀行のような『為替』『預金』などの業務は取り扱っていない金融機関を指します。ノンバンクのメリットは先述したとおりで、利率は多少高いという側面はあるものの、個人事業主・中小企業にとっては非常に有用なファイナンスソリューションであることには変わりありません。

また、ノンバンクで開業資金を調達する場合は、しっかりとご自身の事業計画やキャッシュフローを把握して、返済の見通しをたててから融資を受ける流れがベストです。利率がやや高めという点をふまえると、あまりに長期間におよぶ融資は『リスクが少なくない』というのが理由です。しかし、最近では一週間以内の返済なら利子ゼロなど利息の安いノンバンクもあるくらいですから上手に使う事ができれば、開業資金の調達でこれほど頼りになるものはないでしょう。

利息の低いノンバンクは実際存在しています。とは言っても、ほぼ例外なく銀行の利息の方が低いです。この、銀行とノンバンクの違いは、どうして生まれてしまうのでしょうか。それは、銀行とノンバンクがそれぞれ融資をする際に利用する資金の調達方法の違いにあります。多くの会社では、給料を銀行振り込みにしていると思います。また、お金を保管しておく方法として、銀行預金を利用していると思います。(郵便局を利用している方もいるとは思いますが)

では、会社の給料の振込先がノンバンクの口座であったり、貯金をすると言ってノンバンクに預け入れする方がいるでしょうか?聞いた事がありませんよね。つまり、銀行はそうした国民の預金があるので、そのお金を融資に回すことができるんです。ですが、ノンバンクは誰も預金なんてしてくれませんから、融資をする際にはその資金を自ら調達して来なければなりません。そうして調達したお金を更に融資する訳ですから、当然銀行からの融資よりも多くの利息がかかる訳です。

ですから、ノンバンクの利息を比較してみると、確かに他社に比べて利息の低いノンバンクはありますから、どうしても銀行からの融資を受けられない場合や、緊急事態には利息の低いノンバンクからの融資を受けるべきでしょう。けれども、銀行の利息よりも低いということはありえないので、一時的な利用に留めておくと言う事を忘れないようにしましょう。一時的な利用でも額が大きければ、利息も大きくなりますが、それで回避できるリスクがあるなら、その代償と考えれば決して高いものではないはずです。

安い金利のノンバンクから借り入れる

大至急、まとまった額の融資が必要になった。あるいは、融資が必要だけど銀行が貸し渋って融資を受けられない。そんな時に次の一手と言えば、ノンバンクからの借り入れです。でも、ノンバンクは金利が高いから…と少々足踏みしてしまうものですが、融資が必要であるという現実に変わりはないので、銀行よりも高い金利のノンバンクから融資を受ける他ありませんよね。

でも、そんな銀行よりも金利の高いノンバンクの中でもできるだけ金利の安いノンバンクから借りる事を考えれば、少しは助かりますよね。ノンバンクの金利はどこの会社でも一緒だと誤解している方も多いみたいですが、それぞれ違いはあります。ですから、ノンバンクからの借り入れをする際は、きちんとノンバンク各社の金利を比較した上で、できる限り金利の安いノンバンクを選ぶ事が大切ですね。ただし、その時にひとつだけ気をつけて欲しいことがあります。

金利が安ければどこのノンバンクでも良いかというと、そうではありません。まず第一に、そのノンバンクがきちんとした許可を得ているかどうか。あまりにも金利が安すぎる場合は、そういったところも気にした方がいいかもしれません。そして、少しでも怪しいと思った場合は、決してそこからお金を借りてはいけません。少なくとも、銀行よりも金利の安いノンバンクなんてものは存在していないと考えた上で、上手にお付き合いしましょう。間違った付き合い方をしなければ、ノンバンクは間違いなく、中小企業の味方となるでしょう。

ノンバンクから借り入れをする

なぜノンバンクから借り入れをするかと言えば、大抵の理由が「銀行からの借り入れが難しい」とか「急いで資金を調達しなければならない」などの理由でしょう。確かに、ノンバンクからの借り入れは銀行からの借り入れと違って、審査も甘いですし(あくまで銀行からの借り入れの際の審査と比べて)申し込みから審査を通って実際に融資を受けられるようになるまでの期間も短いです。

ただし、容易に借り入れができる代わりに金利負担が高くなりますので、一時的な借り入れなら問題ありませんが、長期的な借り入れになる場合や、返済に不安がある場合には慎重に考えた上で、借り入れを行う必要がありますね。とは言っても、資金を調達しなくてはならない場面で、銀行は融資を貸し渋るし、そもそも融資をお願いしたところで結果が出るまで時間がかかりすぎるのも事実です。そんなもたもたしている間に不良債権など出してしまったら一貫の終わりですから、多少のリスクは覚悟の上で、ノンバンクからの借り入れを行っているのが現実というものでしょう。

ですから、ノンバンクからの借り入れを利用する事は決して否定しません。というよりも、むしろ時と場合によっては利用するべきだと思います。ただ、確実な返済計画を立てた上で、できるだけリスクの少ない形での利用をする事が望ましいですね。上手に利用すれば、ノンバンクの存在は時として銀行よりも頼りがいのある存在となるでしょう。つまり、銀行とノンバンク、この両社とバランスよくお付き合いする形が理想的ですね。

ノンバンク 借り入れ

ノンバンクで借り入れをする際にはどの様な手順で申し込めば良いのでしょうか。

銀行の場合は初めての借り入れの申し込みを行うと、まず数期分の決算書の提出を求められます。運転資金借入 500万円
決算書の中でまずは売上・税引き後利益・借入金・固定資産・資本金などが見られる事になり、
その中で簡易に判定が下される事になります。

続いては作成した事業計画書の提出と共に各種関係書類の提出も行いますので、
いくつもの難関の末におよそ数週間から1ヶ月程度の時間を経て始めて融資が実施される事になります。

では一方でノンバンクの場合、こうした手続きはどうなるのでしょうか。

じつは事業用の資金を借り入れる場合でも銀行とは大きく異なり、
代表者の本人確認書類は必要になるものの、登記事項証明書や決算書などの提出を行う必要が無い場合もあり、
また決算内容を見て赤字や債務超過などがあった場合にもそれだけで断わられるという事もありません。

ビジネスローンの場合は一定の審査もありますが、
カードローンであれば審査はさらに緩やかになる傾向があるのです。

申し込みに際しては店舗に訪問すれば話が早いのですが、
それ以外にも提携ATMや電話からインターネットでも申し込みをすることができますので、
このあたりの使い勝手の良さも銀行では決してありえないといえます。

もちろんこうした審査の手順はそれぞれのノンバンクで異なりますし、
また同じ会社でもプランにより違いが生じる場合もあるのですが、
全体を通して簡単に借り入れできるというのが大きな特徴となっています。


 

中小企業や個人事業主の方で、資金の借り入れや融資などを検討している方は少なくないでしょう。融資を受ける場合、公的融資や銀行からの融資を利用すれば、利子も低く返済期間も長いので安心して借りることが出来ます。実際に融資を受けるまでの日数や、必要書類などを細かくそろえなくてはいけないという側面もあります。借入を考えている状況では、急を要するケースも少なくありません。そのような場合は、銀行や公的機関からの融資を受けることは難しいかもしれません。

ノンバンク借入の場合、公的融資や銀行の融資と比較すると利子が高い事がデメリットと言われていますが、近年では利子を低く抑えたノンバンクも登場しています。そのため、借入先をしっかりと見極めることさえできれば、ノンバンクからの借入も資金繰りに役立てることが出来ます。

さらに、ノンバンクを利用する最大のメリットとして挙げられるのが『短い審査期間』と『高い審査合格率』です。公的融資は利子が安いのですが、融資を受けるまでに時間がかかってしまったり、状況によっては審査に通らない確立も高いです。時間が無かったり、審査に通るのが難しい状況でしたらノンバンク借入を利用してみるのも一つの手段です。即日審査というサービスもありますが、通常より利子が高くなることがあるので、きちんと返済計画を立てた上で借り入れをするのが良いでしょう。無理なく返済できる範囲での借り入れであれば、『必要な時に、必要なだけ』資金を工面できるノンバンク借入は、経営者にとって心強い味方となります。

ノンバンクの金利は、一般的に高いと言う印象がありますよね?実際のところ銀行等に比べて高いのですが、そうは言っても各社それぞれ違いはあります。ですから、例えば複数のノンバンクから借り入れを行っていたりするのであれば、できるだけ金利の低いノンバンクを見つけて、他社からの借り入れを一本化してしまえば、少しは節約できますから、返済も楽になるでしょう。

また、ノンバンクと言ってもさまざまな業者が存在していますが、最近は大手は特に銀行とつながっていたり提携していたりするノンバンクもありますし、一昔前と比べて無茶をする会社はあまりいないでしょう。万が一、トラブルに巻き込まれた際は、各自治体の相談窓口などへかけこめばきちんと対応もしてくれます。多重債務のような状態になってしまっている個人や企業を救おうとする団体もありますから、資金繰りに困ったらまず専門の窓口に相談してみるという方法もひとつの手ですね。

しかし、そもそもそういった困った状態になる前に、それを予防する事を考えましょう。ノンバンクは銀行よりも簡単に融資をしてくれますから、中小企業などにとっては非常に助かるものです。けれど、金利は確実に銀行よりも高いので、可能な限り一時的な利用に留めて、目処が立ったらなるべく早く返済するようにしましょう。そうして、ノンバンクとの付き合い方を間違いさえしなければ、多重債務などになることも避けられますし、金利分の返済だけで大きく損をすると言う事も避けられるでしょう。

会社を経営するうえで、最も必要と言えるのが【キャッシュフローの把握】です。キャッシュフローをしっかり分析・把握することで会社の問題点も見え、改善することでスムーズな経営が出来るものです。しかし、忙しさからそこまで手が回らずに気が付いたら資金繰りが上手くいかなくなっていた、という会社が非常に多く存在します。資金繰りが出来なくなる=経営破綻です。多くの場合、資金繰りが上手くいかないことを実感して初めてキャッシュフローの重要性に気づき、改善するために事業融資を検討するのではないでしょうか。

実際に事業資金の融資を受けるうえで重要なポイントと言えば、『利率の低さ』『融資までの必要日数』『必要書類』『保証人・担保の有無』などがあります。この中で、『利率の低さ』を優先するのであればやはり公的融資・銀行からの融資を受けることが一番です。しかし、既にキャッシュフローが上手くいっておらず急を要する場合は、公的融資や銀行からの融資では間に合わない可能性があります。審査に時間がかかるのです。

このような場合、ノンバンクでの事業融資を考える必要があるでしょう。ノンバンク融資は利率が高いことがデメリットとして知られていますが、審査は早く済みますので即日~3日ほどで融資を受けることが出来ます。キャッシュフローを改善していく中で、高い利率を払っていけるか、という不安が残りますが、業者によっては銀行系とさほど変わらない低い利率で融資を受けることも可能です。ノンバンクで事業融資を受ける場合、融資を受けた後の計画をしっかりと立てた上で、利率の低いノンバンクを選ぶことが重要となります。

比較的利子の低いノンバンクを有効活用する事で、設備資金の調達までもカバーすることが可能です。一般に設備投資といえば、高額になってしまうことが殆どでしょう。自己資金だけでは、間に合わないこともしばしばあります。そんな時は、計画的な返済計画を考えたうえで『ノンバンク』を利用するというのも一手です。とはいっても、設備投資の性質をふまえると、若干とはいえ、ノンバンクの利率がネックになることもあります。

そんな時にポイントとなるのが、『ノンバンクをしっかりと見極めること』です。基準としては、事業内容まで審査対象としている事があげられます。ある程度しっかりと審査するノンバンクほど利率も低い傾向にあるからです。ノンバンクとはいえ、せっかくなら利子が低いに越したことはありません。さらに、ノンバンクでも利子が安く設定される業者も増加している傾向にあります。事業計画や事業内容をしっかりと練ることで低い金利でノンバンクを利用しましょう。

当然のことながら、利子が高いノンバンクでも『それ以上の利率』が見込める事業であれば十分に利用価値があるといってもいいでしょう。最近ではインターネットからでも融資の申し込みが可能となっていることからもノンバンクの利便性は非常に高いといえるでしょう。万が一、赤字経営の企業・個人事業主であっても融資を断られることは少ないですから、ノンバンクの性質を理解してさえいれば、積極的な活用を検討してみてもいいのではないでしょうか?

ノンバンクから低い利息で借りる方法

ノンバンクからではなく、銀行から融資を受ける方が良いのは明らかなのですが、それでもノンバンクから融資を受けなければならない状況というのが現実にはあります。そうした場合に、少しでも利息を低くする方法はないのでしょうか。さすがに銀行よりも低く…という方法は見当たらないかもしれませんが、普通に融資を受けるよりは、利息を安くできる方法はありました。

それは、不動産を担保に融資を受けるという方法です。やはり、有担保ローンは無担保ローンに比べて利息などが安くなります。もちろん、融資されたお金をきちんと返済できなくなってしまった時には、担保として不動産は持っていかれてしまうというリスクはありますが、きちんと返済する前提での借り入れなのでそこは問題ないでしょう。また、銀行での不動産担保ローンと比べても審査は緩くて早く終わりますし、そういった意味では急を要する際には、積極的にノンバンクからの融資を受けるのもありだと言えます。

不動産を担保とするかどうかはともかく、銀行からの融資を受けることができるのなら、それが一番である事は確かです。しかし、それが無理な場合であったり、緊急事態なので銀行の審査を待っていられないといった場合には、ノンバンクからの融資を受ける事も必要でしょう。そして、その際に不動産を担保とする事ができるのなら、利息が安くなるなどのメリットも望めるので、融資を受ける前にノンバンクへしっかりと確認をした上で、借り入れをしましょう。

ノンバンクと商工ローン

ノンバンクと商工ローンを同じように考える方もいますが、厳密に言うと違います。ノンバンクは、銀行や信用金庫などのような預金業務を行わない金融機関全般を指し、融資する相手は個人と法人があります。商工ローンは、預金などの業務を行わない金融機関ではあるのですが、基本的には中小企業や零細企業を対象にしていて、個人に融資は行っていません。つまり、商工ローンはノンバンクの一種だと言えます。

商工ローンの中には、事業者から融資を申し込んでいないにも関わらず、ダイレクトメールや電話で融資を提案してきたり、融資を申し込んだ際に、異常に高い金利になっていたりする会社もある為、悪いイメージを持った方も多く、その為ノンバンクのイメージも悪い方もいます。しかし、どの業種でも同じですが、健全な経営をしている会社もあれば、そうでない会社もありますので、健全な会社を利用する分には問題ありません。商工ローンの会社の中には上場企業もありますので、融資を申し込む場合は事前に情報を確認しておくと良いでしょう。

ただし、健全な経営をしている商工ローンでも、日本政策金融公庫や銀行、信用金庫よりは金利が高い傾向にありますので、その点は覚えておく必要があります。融資を申し込む際に、事業計画書などが必要ない場合もあり、手軽に融資を受けられるという理由で利用すると、利息が経営を圧迫する可能性もありますので、まずは今後の事業計画を立て、見通しをつけてから、銀行や信用金庫などに融資を申し込み、断られたとしても確実に返済できる見通しがある場合は、商工ローンの利用を検討しましょう。

ノンバンクのビジネスローンを利用する

ノンバンクのビジネスローンを利用する場合、無担保で申し込むのであれば、必要な書類も少なく、会社によっては決算報告書や確定申告書のみで良い場合もありますし、インターネット上から申し込める会社もあります。審査には通常3日程度かかりますが、こちらも会社によっては即日融資が可能なこともあり、緊急に必要な場合には非常に便利です。

しかし、銀行や信用金庫、日本政策金融公庫に比べると金利が高いので、長期間の返済計画で融資を受けると、完済するまでに支払う金額が大きくなります。高い金利を支払っていくことは非常にもったいないですし、場合によっては経営を圧迫する要因になることもあります。緊急に資金を調達する必要はなく、先々の為に融資を受けたい場合などは、まず日本政策金融公庫や銀行、信用金庫などに融資を申し込むようにしましょう。現在赤字経営だけれども、黒字に繋がる案件があり、今さえ乗り切れば安定した経営をできるという場合や、すぐに返済できるアテがあるけれども、すでに他社からの借入がある場合など、銀行などでの融資が厳しい場合は、ノンバンクのビジネスローンを検討すると良いでしょう。

また、日本政策金融公庫はノンバンクからの借入があっても、事業計画がしっかりしていて、今後の安定した経営が見越せる場合は、借り換えができることもありますので、至急で資金が必要な場合は、一旦ノンバンクのビジネスローンを利用し、その後、日本政策金融公庫に借り換えの申請をしてみるという方法もあります。

ノンバンクの事業者ローンとは

銀行や信用金庫以外の金融機関であるノンバンクには、消費者金融なども含まれていますが、個人に融資するだけではなく、事業者にも融資を行っています。それが事業者ローンやビジネスローンになります。個人に融資する場合は融資限度額がおおよそ10万円から、多くても300万円程度ですが、事業者ローンの場合は最大で500万円から、会社によっては1,000万円になっていることもあります。

ノンバンクの事業者ローンのメリットとしては、個人向けと同じように、審査が緩くて早いということになり、デメリットとしては、金利が高いということになります。この事業者ローンは、企業の大小に関係ないので、中小企業であっても零細企業であっても、SOHOを行っているような個人事業主の方でも利用できます。銀行や信用金庫などの場合は、零細企業や個人事業主に対して審査が厳しい傾向にあるので、ノンバンクを利用する機会も多くなります。

しかし、ノンバンクは預金などの業務を取り扱っておらず、自己資金が少ないので、銀行から融資を受けて、その資金で運営していることや、万が一貸し倒れになった時の穴埋めの為に金利が高くなっていますので、無計画に利用すると毎月の返済で経営を圧迫するようになる可能性もあります。零細企業や個人事業主であっても、日本政策金融公庫であれば融資を受けられる可能性もありますので、他の金融機関では融資を受けられなかった場合に、ノンバンクの事業者ローンを検討すると良いでしょう。

零細企業がノンバンクを利用するメリット

零細企業がノンバンクを利用するメリットは多数あります。まず、事業規模に関わらず融資を受けられるということです。銀行や信用金庫の場合、事業規模が大きな企業には比較的容易に融資してくれますが、零細企業の場合、非常に審査が厳しくなっていることもあります。これは、企業の規模が大きければ、倒産する可能性も低く、貸し倒れになる可能性が低く、逆に零細企業などの場合は、貸し倒れになる可能性があるので、なかなか融資をしてくれないということです。

では、なぜノンバンクは零細企業でも融資をしてくれるのかというと、金利を高くして、仮に貸し倒れになっても、その金利で補えるようにしているからです。問題なく完済してくれれば、金利の分の売上げになるわけですし、万が一貸し倒れになっても、金利である程度穴埋めできるので、零細企業でも融資をするようになっています。

その為、審査が緩く、融資を受けやすいというメリットになっていますが、審査が緩い為、時間がかからないということもメリットになっています。大企業などの場合、予算に余裕をみている場合もあり、緊急の出費があっても融資を受けずに対応できますが、零細企業の場合、そのような余裕がなく、すぐに融資を受けないといけない状態になることもあります。その時に、銀行や信用金庫などに融資を申し込むと、審査に時間がかかるので間に合わないこともあります。その点、ノンバンクは審査が早く、会社によっては即日融資ができることもありますので、緊急の出費の際に融資が間に合うというメリットもあります。

中小企業でのノンバンクの活用法

中小企業で規模の拡大を図る場合や、新たな機材の購入などを行う場合、資金が必要になりますが、まず最初に日本政策金融公庫や銀行、信用金庫などに融資の申し込みを行うようになります。ただし、銀行や信用金庫は、ノンバンクからの借入があると、融資に応じてくれることはほとんどありません。銀行や信用金庫での借入が残っている場合は、その銀行や信用金庫に相談することで、追加融資や組み換えを行ってくれることもあります。

日本政策金融公庫は審査が厳しいですが、金利が低く、ノンバンクからの借り換えに応じてくれることもあります。その為、ノンバンクからの借入が残っている状態の場合、その残債と追加で必要な資金を合わせて、融資を行ってくれる場合もあります。ただし、売上げや業績、事業計画などが非常に重要になりますので、会社の運営が順調で、今後も安定した売上げを達成できる見込みがはっきりしないと、審査に通らなくなります。

このような点を考えて、日本政策金融公庫や銀行、信用金庫から融資を受けられそうにない中小企業は、ノンバンクに融資を申し込むことになりますが、ノンバンクはただ単に金利が高いというだけで、利用することが悪いことではありません。金利が高くても確実に返済できるのであれば、利用する価値がありますので、現況を把握し、今後の見通しも立っていて、短期で返済できるようであれば、最初からノンバンクに融資を申し込んでも良いでしょう。

ノンバンクの不動産担保ローンとは

ノンバンクには不動産担保ローンもあります。これは、有担保ローンのひとつで、通常の有担保ローンであれば、有価証券なども担保になりますが、それらのものは担保にならず、不動産だけを担保として扱うローンです。ノンバンクの場合、担保・保証人不要のことが多い為、基本的には銀行や信用金庫で扱われることが多いのですが、近年では主に事業者向けに不動産担保ローンを提供しています。

ただし、ノンバンクは店舗に行く必要がなく、インターネット上などで融資の申し込みができる会社もあり、そのことが大きなメリットのひとつになっているのですが、不動産担保ローンに関しては、その不動産の概要を伝える必要があるので、ほとんどの場合、店舗に赴く必要があります。さらに、その不動産の価値を調べる必要もある為、無担保ローンに比べると審査に時間がかかりますので、即日融資には対応していないことが多くなっています。

このように、ノンバンクの不動産担保ローンは、無担保ローンに比べると、ノンバンクを利用するメリットが少なくなってしまいますが、同じ不動産担保ローンでも、銀行や信用金庫よりも審査が緩く、融資限度額も高くなることが多いので、状況によっては利用する価値があります。すでに他社からの借入があり、完済していない場合や、銀行や信用金庫で融資の審査に通らなかった場合、即日ではなくても早めに融資を受ける必要がある場合などは、ノンバンクの不動産担保ローンを検討しても良いでしょう。

ノンバンクの有担保ローンを利用する

事業資金の融資を銀行や信用金庫などに断られた場合、ノンバンクに融資の申し込みを検討する方もいると思います。その際に、すでに他社からの融資を受けていて、まだ完済していない場合、無担保では融資を受けられない可能性もあります。ノンバンクは、銀行や信用金庫などに比べると、融資に積極的で無担保での融資も行ってくれますが、まだ借入額が残っている場合、返済能力に疑問を持たれることもあり、その補償として担保を要求されることがあります。

ノンバンクの有担保ローンを利用する場合、有価証券や不動産が担保になりますが、会社によって取り扱う担保の得手不得手があり、有価証券では内容によって積極的に融資してくれる会社もあれば、不動産の場合のみ積極的に融資してくれる会社もあります。特に不動産の場合は、得意な会社と言っても色々あり、商業地の不動産であれば認める会社もあれば、住宅地であれば認める会社もありますし、特定の地域のみ対象とする会社もあります。

この為、担保にできる不動産さえあれば融資を確実に受けられるわけではなく、逆に1社に断られたからといって、どこに申し込んでも断られるわけでもありません。どの会社が、どのような担保を得意にしているのかは、あまり情報がありませんので、手間はかかりますが、まず1社に申し込んでみて、断られたら他社に申し込んでみるということを繰り返すか、インターネット上で不動産担保の事業者ローン会社を探すと良いでしょう。

ノンバンクの無担保ローンとは

ノンバンクの無担保ローンとは、名前の通り担保を必要とせずに、ノンバンクから融資を受けることです。近年では、事業資金に関わらず、個人で融資を受ける場合でも、無担保で銀行や信用金庫から融資を受けられることもあります。ただし、確実に返済できることが条件になるので、個人で借りる場合は、勤続年数や年収が非常に重要視され、審査も厳しくなっています。事業資金の場合でも、上限金額が低く設定されている上に、業績や他社からの融資額が大きく影響しますし、起業の際は無担保で借りられる可能性はかなり低くなっています。

ノンバンクの場合、個人で借りる場合でも事業資金として借りる場合でも、無担保ローンを提供している会社は多く、上限金額も銀行や信用金庫よりも高くなっている上に、審査も緩くなっているので、融資を受けやすくなっています。なぜノンバンクの場合は、審査が緩いのかというと、その分、金利を高く設定してあるからです。金利が高ければ、万が一倒産ということになっても、それまでの金利である程度の穴埋めができます。逆に銀行や信用金庫などは金利が低い分、確実に返済してもらう為に審査が厳しくなっています。

このように見てみると分かりますが、銀行が融資してくれない場合は、返済できない可能性があると見られているということになります。それでも自分で今後の売上げなどを予測し、確実に返済できる自信があるのであれば、ノンバンクの無担保ローンを検討すると良いでしょう。

独立開業し、事業が波に乗り始めたら、新規の店舗を開店しようと考える方もいるでしょう。しかし、新しく店舗を開くには、再度資金が必要になってきます。最初の店舗の開店資金を借りている場合、すでに完済していれば新規店舗を含めた事業計画書と決算報告書をしっかり書いておくと返済実績もあるので、前回融資を受けた銀行であれば、前回よりも審査が若干緩くなることもあります。しかし、完済していない場合、同じ銀行で融資を受けようとすると、追加融資や融資の組み直しということになり、それまでの返済実績があっても、厳しい審査になることもあります。

2店舗目であれば、必要な費用はほぼ分かっているので、余計に借りる必要もなく、最低限の融資さえ受けられれば良いのですが、その金額と現在借入している金額を合わせた金額が、最初に融資を受けた金額を上回るようになる場合、返済額も増えますし、2店舗目が順調に行くかどうかの見極めも重要になるので、銀行側としても慎重になり、場合によっては、最初に融資を受けた時よりも審査が厳しくなることもあるのです。

できれば、返済先は1社にした方が毎月の返済額も少なくて済みますし、銀行であれば、金利も低いのでメリットが多いのですが、もし断られてしまった場合、ノンバンクに融資の申請をすると良いでしょう。ノンバンクは、銀行に比べると金利が高いですし、銀行とノンバンクの両方から融資を受けると、毎月両方に返済するようになり、返済額も今までより大きくなってしまいますので、慎重に計算する必要がありますが、その返済に問題がないようであれば、両方で借りるということもひとつの方法と言えるでしょう。

ノンバンクで開業資金を借りる

ノンバンクとは、銀行や信用金庫以外の金融機関のことを指す言葉で、銀行は預金を受け入れて、その資金で融資を行っていますが、ノンバンクは預金を受け入れていない為、開業時の資金や銀行から調達した資金で、消費者に融資を行っています。ノンバンクの金融機関としては、クレジットカード会社や消費者金融、信販会社、リース会社などになります。このような名前を聞くと分かるように、銀行や信用金庫より融資の審査が早く緩いことがメリットになっています。

開業資金を調達しようとする場合、その金額にもよりますが、多くの場合は、長期間借りることになるので、できるだけ金利が低い方が、利息を合わせた最終的に返済する額が少なくなりますし、毎月の支払いも若干余裕ができますので、銀行や信用金庫などで融資を受けた方が良いでしょう。しかし、銀行や信用金庫などに融資を申し込む場合、事業計画書が必要になることも多く、その内容が具体的で、しっかりとした計画性が認められなければ審査に通りません。銀行からしてみると、確実に返済できるかどうかに関わってくるので当然なのですが、今までにあまりない業務などの場合、前例がない為、融資が認められにくい場合もあります。

ノンバンクは、個人以外に事業者用のローンを提供している会社もあり、そのような場合、開業資金を借りる際に提出する事業計画書の審査が銀行ほどは厳しくないので、比較的容易に融資を受けられることもあります。しかし、銀行などに比べると金利が高いので、できるだけ自分で開業資金を用意して、足りない場合は、銀行や信用金庫に相談し、断られた場合や急ぎの場合は、ノンバンクに相談すると良いでしょう。

金利の低いノンバンク

いざと言う時にノンバンクからの借り入れを行うことができて、助かったという経験をした中小企業の経営者の方は、数多くいらっしゃるでしょう。ノンバンクからの融資は、銀行からの融資を断られたり、融資までに時間がかかってしまうけど、そこまで待っていられないという状況の時に非常に便利なものです。

もちろん、その分のリスクとして、銀行等からの融資に比べて高金利という現実があります。ですから、基本的には融資は銀行から受け、緊急事態にのみノンバンクからの借り入れを行うという付き合い方が理想的でしょう。誰だって無駄に多くお金を支払いたくはありませんからね。では、金利の低いノンバンクというのは存在するのでしょうか。例えば、連帯保証人を立てたり、不動産などの担保があれば金利を引くくしてくれるというお話は、聞いた事があるかもしれませんね。それが本当ならみなさん喜んでそのノンバンクからの融資を受けるでしょう。ですが、実際はそう甘くはありません。むしろ、そういって利用者の弱みに付け込んでくる悪徳業者には十分に気をつけましょう。

そういった悪徳業者は大抵、極端な低金利を提示してきたり、ありえない程の早い審査で融資が可能だと謳ってくるものです。ただ、そんな甘い話を耳にした際は、一度冷静になって考えてみて下さい。何百万、何千万という大きなお金を、30分や1時間足らずの審査で借り入れできるはずがありません。そんな悪徳業者の甘い誘惑に惑わされず、真っ当なノンバンクからできるだけ短期間の借り入れで済むように、計画的に融資を受ける事を考えるべきでしょう。

ノンバンク 資金調達

資金調達は、企業を経営する中で必要となる資金を集めることを指しており、
まず株式会社のケースであれば金融機関への借り入れだけでなく株式の発行によリ、
自己資本を増やして必要な資金を調達するという選択肢があります。

一方で、株式会社以外の中小企業では銀行などの金融機関で借り入れを行うことで、
負債による調達を行うという選択肢が真っ先に挙げられるのですが、
現状で貸し渋りは行われてはいないものの、そう簡単に資金調達ができるるわけではありません。

銀行にはそれぞれ貸付基準があり、個々の企業の信用格付を行い担保評価もするうえ、
事業計画書も提出しなければなりませんから、一つ一つのハードルが非常に高いといえます。

また、金融機関以外でも公的機関によっては補助金や助成金なども申し込むことができるのですが、
こちらの場合もまたハードルが高いですし、金融機関と比較すると融資される資金は、
それほど大きい額では無い場合も非常に多く、手間と時間が掛かる割には得られるメリットも小さくなるのです。

そうした時に、ノンバンクに資金調達向けの融資を申し込むと、
銀行のような厳しい貸付基準が設けられているわけではなく、
比較的簡単に融資を引き受けてくれると言う点がノンバンクの大きなメリットとして挙げられます。

またノンバンクは審査が簡略であることから、金額や条件によっては即日融資を受けることができる場合もありますので、
それほど大きな額を求めるわけではない中小企業にとっては、非常にありがたく頼もしい存在であると言えます。

ノンバンクでの資金調達

銀行からの借り入れが難しく、資金調達に苦労している方もいるでしょう。
そういった場合に役立つのが、消費者金融やクレジットカード会社などのノンバンクという金融機関です。
銀行の場合は、非常に審査が厳しいため、時には融資を受けることができないケースもあります。
また、手続きにも時間がかかるため、支払い期日までに間に合わないという場合もあります。
しかしノンバンクであれば、審査が銀行よりも簡単で、融資スピードも早く、すぐに資金調達が可能です。
そのため、資金調達の選択肢として、銀行だけでは無く、ノンバンクも頭の中に入れておいた方が良いでしょう。
ただ、ノンバンクと聞くとあまり良い印象を持たれていない方もいるでしょう。
その理由としては、やはり金利の高さでは無いでしょうか?
ノンバンクは、簡単に融資を受けることができる反面、金利が銀行よりも高く設定されています。
その金利の高さが原因で、ノンバンクを避ける方が多いといって良いでしょう。
確かに以前であれば、ノンバンクから融資を受けてしまうと、金利が高いために返済が困難になるケースが多かったです。
しかし、現在は金利が下降傾向にあり、以前よりも返済が容易になっています。
そのため、最近では、急ぎの資金調達の場合にノンバンクを利用される方が増えています。
また、ノンバンクを一時的に利用することで、資金繰りを改善することもできます。
銀行から資金調達をできない場合に、ノンバンクを利用するのもひとつの方法だといえます。

ノンバンクで運転資金

運転資金が不足してしまった場合にどこからか融資を受ける必要があります。
そこで、一番最初に思いつくのが銀行ですが、審査によって、その銀行から融資を受けられない可能性もあります。
そのような時に多くの方が利用される運転資金の調達方法が、ノンバンクからの融資です。
ノンバンクは、銀行よりも審査が厳しくないので、比較的簡単に融資を受けることが可能です。
ここで、ノンバンク?と思われた方もいるかもしれないので、ノンバンクとは何かをご説明します。
ノンバンクとは、預金サービスを行なわず融資のみを行なう金融機関のことで、銀行とは形態が異なります。
一般的にみなさんも知っている消費者金融や、クレジットカード会社、信販会社などがノンバンクにあたります。
そして、このノンバンクには審査が緩く、すぐに融資を受けることができるというメリットがあります。
そのため、銀行からの融資を断られた時や運転資金が急に足りなくなった時に非常に助かります。
しかし、そんな便利な反面、金利が銀行と比べてとても高いというデメリットがあるので、注意してください。
金利が高いということは、金額が大きければ大きいほど返済が大変ということです。
目先のことだけを考えて利用してしまうと、経営状態を悪化させる要因にもなります。
ノンバンクを利用される際は、このようなことを理解した上で、融資を受けるかどうか決断してください。
簡単に融資を受けられるという理由だけで利用するのではなく、銀行からも融資を受けられない時やすぐに資金が必要な時にノンバンクを利用するようにした方が良いでしょう。

公開日:
最終更新日:2017/08/03